ツール・サイト紹介
ニュース/2ちゃんねる

今週の人気記事

MacのChromeで誤ってCommand+Qしたときに警告メッセージを表示させる方法

あとで読む Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
Google Chrome
Google Chrome

Google Chromeを誤って終了してしまわないように


Google Chromeタブと間違ってChrome自体を終了しちゃうのを防ぐ方法の紹介です。

MacだとCommand+Wでタブを閉じる、Command+QでChromeを終了というショートカットになってます。

WとQって隣り合わせでついつい押し間違っちゃうことありますよね。
せっかくたくさんタブを開いていたのに、ぜんぶ消しちゃった・・・ってこと誰しもあるはず。

Chromeの設定でこれを防げるので以下に紹介します。


本当にChromeを終了する?の警告を


Chromeを開いて、メニューを見ます。
ブラウザの右上のメニューではなくて、Macのメニューバーのところ(林檎マークの横)です。


Google Chrome

「終了する前に警告メッセージを表示する」という親切な設定が。
こちらにチェックをいれておきましょう。


Google Chrome

すると、Command+Qを1回押すと、もう一度Command+Qすると終了するようになります。
これでタブを閉じる際に誤ってChromeごと終了しちゃうことが減りそうですね。

誤って閉じちゃった場合は、もう一度Chromeを開いてCommand+Shift+Tするとタブを復元できますよ。
こういったミスをしがちな方はぜひ設定してみてください。
 本記事で紹介したサイト
Google Chrome
https://www.google.com/intl/en/chrome/
あとで読む Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 この記事をみた人はこんな記事も見ています

 前後の記事もどうぞ

 この記事をブックマーク/共有する

 トラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kamekiti1115/7051283
Twitterの声
はてなブックマークの声
Facebookの声
この記事についたコメント
1.通りすがりさん2013年04月15日 10:17
CtrlじゃなくてCommandだけどね
2.カメきち@管理人2013年04月15日 13:56
すみません。間違えてました笑
修正しておきました。ご指摘ありがとうございます。

コメントする
お名前
二十歳街道まっしぐら 2nd @カメきち 2010.10.01-