ツール・サイト紹介
ニュース/2ちゃんねる

今週の人気記事

「Googleウェブマスターツール」で是非とも確認しておきたい5項目まとめ

あとで読む Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ウェブマスターツール
ウェブマスターツール

ウェブマスターツールの機能いろいろ


ウェブサイトをお持ちの方は必ず登録しておくべきサイト「ウェブマスターツール」。
Googleウェブマスターツールではページ表示に関する詳細レポートが確認できますよ。

定期的にエラーがでていないかなどチェックしておくと良いですよ。
今回は、その中から5つの機能を紹介しますね。

詳細は以下より。


1. サイトマップ


「サイト設定」→「サイトマップ」


ウェブマスターツール

こちらはGoogleに送信したサイトマップが正常に取得されたかどうかをチェックできます。
サイトマップはウェブページのリストのようなもので、
Googleが自動的に検出することが難しいページをこちらから教えてあげてクロールの助けをするものです。

FC2ブログなどでは自動的に生成されるのでURLを指定すればOKです。
ライブドアブログは自分で作成して定期的に送信しなければなりません。
サイトマップの生成はSitemapDocなどを利用すると良いですよ


2. サイトリンク


「サイト設定」→「サイトリンク」


ウェブマスターツール

Googleで検索するとページタイトルや詳細の下にリンクが表示されることがあります。
大きなウェブサイトによく表示されますよね。

これをサイトリンクと呼びますが、そこに記載する内容をこちらで設定できます。
サイトリンクに表示したくないリンクは「ブロック」すればOKです。
検索から訪れるユーザの誘導に大切なものなのでしっかりしておきたいですね。


3. 検索クエリ


「ウェブ上のサイト」→「検索クエリ」


ウェブマスターツール

検索結果に何回表示されて、そのうち何回クリックされたかがわかります。
検索クエリの解析結果が一覧で確認できますよ。


4. インスタントプレビュー


「Labs」→「インスタントプレビュー」


ウェブマスターツール

URLを指定すると、インスタントプレビュー時にどのように表示されるかを確認できます。
全然何も表示されない場合はクロールされていない可能性があるようです。
下部にて取得できた情報、できなかった情報を一覧で教えてくれます。


5. サイトのパフォーマンス


「Labs」→「サイトのパフォーマンス」


ウェブマスターツール

サイトの表示時間の統計が見られます。
全体のどれくらいのサイトより表示が遅いかを教えてくれますよ。
うちは全体の96%より遅い表示らしいです。ごめんなさい。


というわけで、他にもウェブマスターツールには様々な機能があります。
ウェブサイトを管理している方は是非登録しておきましょう!
 本記事で紹介したサイト
ウェブマスターツール
https://www.google.com/webmasters/tools/
あとで読む Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 この記事をみた人はこんな記事も見ています

 前後の記事もどうぞ

 この記事をブックマーク/共有する

 トラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kamekiti1115/3651440
Twitterの声
はてなブックマークの声
Facebookの声
この記事についたコメント

コメントする
お名前
二十歳街道まっしぐら 2nd @カメきち 2010.10.01-