ツール・サイト紹介
ニュース/2ちゃんねる

今週の人気記事

自分のDropboxに誰でもファイルをアップロードできるようにするサイト「DROPitTOme」

あとで読む Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
DROPitTOme
DROPitTOme

自分のDropboxに他の人からファイルをアップしてもらえる


DROPitTOme」は自分のDropboxに他人がファイルをアップロードできるサイトです。
言葉で書くとちょっとこわーい感じもしますが、使い方次第では超便利な機能ですよね。

Dropboxには共有フォルダがありますが、この機能は知り合いしかアップロードできません。
DROPitTOme」を使えば不特定多数の方が自分のDropboxにファイルをアップロードできるようになります。

専用のアップロードページURLを生成してくれますよ。
アップロードはブラウザからできます。最大75MBまで。

こちらから一時的にアップロード禁止したり、パスワードもかけられるのでイタズラに困ることはなさそう。

以下に使ってみた様子を載せておきます。

得するDropbox活用術


「DROPitTOme」に登録する


まず「DROPitTOme」にアクセスしましょう。
まず登録およびDropboxとの連携を設定します。

「DROPitTOme」登録ページへ。
DROPitTOme
REGISTER」からDropboxとの連携を設定します。

すると、Dropboxのページに飛びます。ここで「DROPitTOme」との連携を許可しましょう。
DROPitTOme

次に、「DROPitTOme」の登録です。
DROPitTOme
「Upload password」は、アップロード時に必要なパスワードです。
メールでも送られてきますが、忘れないようにしましょうね。

これで登録作業は完了!


「DROPitTOme」を使ってDropboxにファイルをアップロードしてもらう


専用のURLがメールで送られてくるはずです。
おそらくhttp://dropitto.me/(ユーザ名)になっています。

アクセスすると、アップロードパスワードが聞かれます。
DROPitTOme
正しいパスワードを入力すると、ファイルのアップロードができます。
最大75MBまでアップロードできるようですね。

アップロードが完了すると、このように「successfully」と表示されます。
DROPitTOme

Dropboxには「DROPitTOme」というフォルダが生成され、そこにアップロードされます。
DROPitTOme

アップロードされる度に、メールでのお知らせが。
DROPitTOme
アップロードした方のIPアドレスも記載されています。


アップロードを禁止するにはどうする?


「DROPitTOme」のアップロードを禁止するには、まず「DROPitTOme」マイページに飛びます。

DROPitTOme
「TURN ON」とありますが、これをクリックして「TURN OFF」にするとアップロードが一時的にできなくなります。

心配な方は、Dropboxのほうの連携を切れば、安心ですね。
DROPitTOme
Dropboxにログインして、「Account」から「My Apps」にいけばOK


誰でも自分のDropboxにファイルをアップロードできるのは便利ですが、イタズラされないように注意ですねー。


 本記事で紹介したサイト
DROPitTOme
http://dropitto.me/
あとで読む Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 この記事をみた人はこんな記事も見ています

 前後の記事もどうぞ

 この記事をブックマーク/共有する

 トラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kamekiti1115/1268799
Twitterの声
はてなブックマークの声
Facebookの声
この記事についたコメント

コメントする
お名前
二十歳街道まっしぐら 2nd @カメきち 2010.10.01-